性行為感染症(STD)

性行為感染症(STD)とは

性行為を媒体として感染する病気をと呼ばれています。有名なものとしてAIDS、梅毒などがありますが、日常診療の中ではめったにありません。やはり今一番の問題となるものはパピローマウイルスでしょう。子宮頸がんの原因となったり尖圭コンジローマになったりします。クラミジアは症状が乏しい割には卵管が炎症を起こし詰まってしまって不妊の原因にもなったりします。ヘルペスは外陰部に水痘-潰瘍を作りとっても痛い病気です。淋病やトリコモナスは非常に炎症の強い病気でおりものの増加もあり、かゆみなどの症状があります。どんな病気でもそうですが、早期発見早期治療が重要です。自分が感染の発生源にならないことが大切です。

対象となる疾患
子宮頸癌
子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルス感染が関与していると言われています。HPVは子宮頸部に感染して定着するウイルスで、性交経験のある女性の約10%ににおいて、HPVが検出されています。通常では、たとえ感染が起こっても、90%の人は2年以内に自分の免疫の力でウイルスが排除されます。しかし、排除されず感染が長期間持続することで、異型細胞が増殖すると、子宮頸がんに進行するといわれています。
膣トリコモナス症
性交により、原虫が性器内に入り込み炎症をおこす病気です。女性が感染すると、腟トリコモナス原虫が腟や子宮頸管に寄生します。さらに女性の場合、腟だけでなく子宮頸管、 膀胱、尿道へも感染しますので注意が必要です。
主な症状は、あわ状の悪臭の強いおりものが増え、外陰部や腟に強いかゆみや痛みを伴います。
中でも、症状のない感染者が20~50%いるともいわれており、治療せずに放っておくと炎症が卵管まですすみ、不妊症や早産、流産をまねく可能性もあります。
尖圭コンジローマ
良性型のヒトパピローマウイルス(HPV)が原因となる性行為感染症です。性器や肛門周辺にカリフラワー状、もしくは乳頭のようなイボができ、治療を行っても再発することが多い病気です。
イボを外科的手術にて切除することくらいしかできず、ウイルス自体を完全に取り除くことは困難です。あらゆる性行為(セックス、アナルセックス、オーラルセックス)で感染しますが、性行為以外でも、まれに、皮ふや粘膜の傷口から感染することもあります。軽い痛みやかゆみがある場合もありますが、ほとんど自覚症状が無いのが特徴です。パートナーも感染していることが多くあります。
クラミジア感染症
クラミジアトラコマティスという病原体による感染症で、特に10代~20代にかけて感染者が増えている性行為感染症です。感染していても、症状が無く無自覚であるため、気づかないままパートナーに移してしまうリスクがあります。
女性の場合、不妊症や子宮外妊娠の原因となりますので注意が必要です。感染者との粘膜同士の接触や、精液、腟分泌液を介して感染し、あらゆる性行為で感染します。クラミジアに感染していると、HIV(エイズウイルス)への感染が3~5倍になるとも言われています。
女性の場合は、子宮頸管へ感染し、子宮頸管炎をおこします。その後、腹腔内に進入すると、骨盤内で様々な症状が出ます。(おりものの増加、不正出血、下腹部の痛み、性交痛など)
淋病
淋病とは淋菌の感染により起こる性行為感染症で、淋菌は、子宮頸管、子宮、卵管などで棲息し、子宮頸管炎などを起こします。放置すると感染が広がり、女性では卵管炎、腹膜炎、肝周囲炎を引き起こします。自覚症状が全くないため、知らないうちにうつしていることが多い感染症です。1回の行為で感染する割合は約30%。感染力が高い菌で、咽頭にも感染するためオーラルセックスによる感染にも注意が必要です。
女性の場合は、膿の様なおりものが増加する場合もありますが、一般には無自覚です。検査によって初めて分かるケースがほとんどで、妊娠中に淋菌に感染すると流産や骨盤内感染症、早産、破水の原因になります。不妊症や子宮外妊娠、骨盤内感染症の原因になることもあるので女性は特に注意が必要です。
AIDS
AIDSとは、HIV=「ヒト免疫不全ウイルス」の感染によりおこる、後天性免疫不全症候群の事です。
HIV感染後、治療をせず放置しておくと、免疫力がだんだん低下し、数年~10年で免疫力の低下に伴う様々な病気が発症します。これらの病気が、エイズ指標疾患とされる病気にあてはまると、“エイズを発症した”と診断されます。
HIVを多く含むのは血液、精液、腟分泌液、母乳といった体液で、性行為で感染します。HIVは、人間の体の中で生き続けることができるウイルスですが、ひとたび体の外にでると、その感染力を失います。
よって、汗、唾液、尿、便などの体液の接触による感染の可能性はありません。又、他の性行為感染症に感染していると、粘膜に炎症を起こしたり傷ついていたりしているため、HIVの感染率は増加するといわれています。
梅毒
梅毒はトレポネーマという病原菌により感染する性行為感染症です。皮膚や粘膜の小さな傷から病原菌が侵入し、血液を介して全身に広がります。アナルセックスでの感染が特に多いと言われており、万が一、口に梅毒の病変部分がある場合は、キスでも感染します。
しかし、現在では早期に治療すれば完治する性行為感染症なので、心配のある人は早めに検査を受ける必要があります。また、梅毒に感染していると、HIV(エイズウイルス)に感染しやすいので、あわせて検査を受けると良いでしょう。
症状は痛みのないしこりができるなどですが、感染より3週間後、3ヶ月後、3年後と変化していきます。ただし、無症状の場合もありますので注意が必要です。
ヘルペス
性器ヘルペスは、ヘルペスの病変部との接触により感染する性行為感染症です。あらゆる性行為(セックス、アナルセックス、オーラルセックス)で感染します。
患部に水泡のようなものができ、それが破れてただれたような状態になり、強い痛みが発生します。口唇や顔などの上半身に症状のでるヘルペスと異なり、下半身に症状がでるヘルペスは主に2型の性器ヘルペスです。
女性が初めて感染した場合は、強い排尿時痛などが起こり、同時に太もものリンパ節の腫れや痛みなどが見られます。症状の出る場所は主に、外陰、腟の入口とおしりなどですが、子宮頸管や膀胱にまで感染が広がることもあります。ウイルスを死滅させることはできませんが、治療により再発を抑える事ができます。

インターネット予約

初診の方もご利用いただけます。

予約する

当日予約および希望時間がない方はお電話でご相談ください。

pagetop