お知らせ information

2020.10.26 武蔵野市子宮がん検診の延長(12月28日まで)について

武蔵野市子宮がん検診の受診期間が延長され、12月28日(月)まで受診可能となりました。

ご予約はホームページよりネット予約が可能です。

検診当日は受診票をお忘れなくお願いいたします。

武蔵野市子宮がん検診

武蔵野市の検診では、子宮頸がん、子宮体がんの検診を無料で受診することができます。

子宮頚がん検診
子宮頚がん検診は、子宮頸部をブラシでこする細胞診の検査です。通常痛みはありません。偶数歳で検査を受けられます。

子宮体がん検診
子宮体がん検診は、子宮内膜(体部)の細胞を採る細胞診の検査です。子宮の中の検査なので、痛みがあります。また検査後、出血が1週間程続くことがあります。子宮体がんは不正性器出血を来すことが多いです。不正性器出血での発見が約90%と言われています。特に閉経後で出血などの症状がある方は早期に医療機関を受診するようにしましょう。
リスク因子としてホルモン剤の長期内服、乳がん術後のホルモン治療、お産の経験がないこと(閉経前後)、肥満、糖尿病、閉経の遅れ、などがありますので、体がん検診をおすすめします。

子宮 / 卵巣超音波検査(エコー) ¥1,500 (こちらの検査はオプションになります。)

子宮・卵巣の状態を確認できます。自覚症状の出にくい子宮筋腫や卵巣の腫れなども確認できるので、より深部まで診断することが可能です。

なお、本年度より検診と保険診療を同日に受診することができなくなりました。
ご迷惑をおかけしますが日にちを改めてご来院をお願いします。

武蔵野市の検診に関する詳細はこちらを参照して下さい。

お知らせ一覧